Jeremy Page, Esq.


ジェラミー ページは、輸入、輸出、税関と一般的経理などの広範囲な経験をし ページ・フラ、P.C.国際貿易法律事務所をパートナーと共に開業しました。彼は、国際的なビジネスを行っている色々なサイズの会社へカウンセリング、戦略的な計画と支持等を提供します。

ページは国際貿易関連の経験30年以上になります。その間、彼はアメリカ税関や国境防衛、企業とセキュリティ局、防衛貿易管理の理事会、外国資産管理局と法的規定法令遵守調査を含む広範囲の輸出入問題に関してクライアントの代表になって対応します。また、彼は、アメリカの国会の前に立ちクライアントの特別な問題や要求を自称しました。

輸入の視点からすると, ページの仕事は会社内部の自己自治条件を満たすのと同じく、税関現代化法の厳格で正当な維持管理を満たすように設計された包括的なコンプライアンスプログラムの実行と発達を含みます。その代表の一部として、ページは多くの内部のチェックを行って、カスタマイズされた迎合性マニュアルと支える手順を開発して、組織的構築物中の至る所で幹部のトレーニングを行いました。彼は、注目された評価と他の検査の実行に関し、アメリカと外国の輸入局の前に立ち、会社が法律で調整迎合性目的のために保証されることを代表になり自称しました。最終的に、彼は、自由貿易協定、適格性/迎合性、原産国の決定、外国貿易地帯、任務欠点と先の発表と調査の/施行訴訟のプログラム、別々の輸入問題、一般的な関税評価、関税分類法と関税エンジニアリングを含み、活発に移転価格操作方針と実行のためにクライアントに忠告もします。

ページは、会社でテロ反対税関貿易パートナー(C-TPAT)、保護防衛(PIP)、WCO SAFE基礎・承認された経済オペレーター(AEO)や、その他の承認された国際防衛ガイドに応ずるようになるサプライチェーンセキュリティプログラムの開発と実施について活発に勧めることをしています。これに加えて、彼の広範囲のビジネス経験とトレーニング、生産や購買計画、下書きやクライアントの国債活動のサポートでの承諾検討も含み援助できます。

輸出に関する所で、ページ氏の背景は広範囲にあります。 会社の輸出管理システム・技術管理計画の開発に加え、ページは広範囲の輸出、現在の多国籍企業と対決している輸出問題に関して、助言をします。 迎合性検査を実行し、クライアントの迎合性プログラム評価を含み抗議します。必需品管轄権、輸出ライセンスと管理、輸出・再輸出プログラム開発と強化、また感受性トーレーニング等で会社の代表になり抗議もします。また、自発的な自身発表や施行手続きに関し、BIS、OFAC、DDTCと国勢調査局の前で代表として抗議もします。

ページは貿易協会と他の協会でよく講演者になり、また、輸入管理と迎合性、輸出管理、ナフタ(NAFTA)と他の選択プログラムと国際貿易地帯等の広範囲な公共と民間分野トレーニングを実施しています。

学歴

  • IIT・シカゴ –ケント大学法学部 (J.D., Cum Laude)
  • シカゴ大学ブース学校 商業学部 (M.B.A.修士, 金融と国際商業部)
  • イリノイ大学シャンぺーン・アーバナ分校 (B.A.学士, 政治学)

法廷入会

  • イリノイ州
  • フロリダ州
  • アメリカ連邦国際貿易裁判所
  • 連邦裁判のアメリカ連邦高裁
  • アメリカ連邦地裁、イリノイ北地区

協会

  • アメリカ輸出入協会
  • 外国貿易地帯国際協会
  • シカゴ税関仲買人と助成者協会
  • 共同工業グループ
  • 輸入業者迎合性と専門協会

栄誉と成果

  • 税関貨物取扱人免許

 

Download VCard